Wednesday, August 15, 2018

title pic テレビを視聴

Posted by JD on 2014年4月14日

暗い所だと光量不足のためものが見えづらくなりますが、より瞳孔が開くので、眼球のレンズのピントを合わせるのに不必要なパワーが使われてしまい、光の入る場所で物を見るよりも疲れやすくなるといえます。

普段から肘をついて横向きになったままテレビを視聴していたり、テーブルの上で頬杖をついたり、かかとの高い靴を毎日履いたりということは身体のバランスを悪くしてしまう原因となります。

よく耳にする心筋梗塞というのは心臓の周囲にある冠動脈の動脈硬化により血管の中の空間が細くなって、血液の流れが途切れ、必要な酸素や栄養を心筋に配達できず、筋細胞自体が壊滅状態になってしまう大変怖い病気です。
頸椎などが痛むヘルニアとは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼ばれており、背骨の間で緩衝材の役割を果たしている椎間板(ツイカンバン)という柔らかい線維軟骨がはみ出てしまった症状を指しているのです。

音楽会の開催されるスペースやダンスを踊るためのフロアなどにある非常に大きなスピーカーの近くで大きな音を浴び続けて耳が聞こえにくくなることを「急性音響外傷」と言います。

top