Thursday, August 16, 2018

title pic 精神構造

Posted by JD on 2014年4月5日

GHQの手によって、わりと一挙に民主化が与えられて、そのあとの六十年安保なども、運動側の敗北に終わったことを考えてみると、日本は、あんまり自分たちの手で民主化を勝ち取ったという体験や誇りに、ひょっとしたら、遅れて民主化した韓国よりも、乏しいのかもしれない。

早さ遅さより、内実が大事だとしたら、民主主義というのも、なかなか難しい問題だなあと思う。
私たち日本人って、革命とは程遠い精神構造をしているような気がします。

一体どこが違うのだろうと考えてしまいます。
この前も近所のおじさんたちが、
「自民党がどんだけつまらんようになっても、民主党は政治はしきらん。やっぱり自民党しかない」と話していました。

これって、どういうことなのだろう…と思ってしまいました。。。
ただ、革命まで起こさずに済むようにするために、議院内閣制で政権交代の手続を定めているわけですよね。

アメリカやイギリスは、それで適度に政権交代することによって、政治に緊張感や活力を今までもたらしてきたのだと思います。
日本の場合も、戦前は、政友会と民政党がそれなりの二大政党制を実現していたわけですよね。

top