Wednesday, August 15, 2018

title pic 常にロマンを追求する人

Posted by JD on 2014年11月27日

逆説的に人間にはロマンを求める心があり、童貞はロマンを求めている という事を学びました。

この人は、絶対に性欲も数式で表せると考えています。

煩悩とロマンに生きてきた童貞偏差値の高い人間としてはふざけるなという話です。

今日は童貞偏差値の高い人間はロマンに生きているという話でした。

偏差値が低い人の仕分けはいつかやります。俺も23まで童貞でした。

それはさておき、ロマンを持てない人って怖いですよ。

ああいう風になるともう人間ですらないなぁと思います。

童貞偏差値が高いと言う事は心にロマンがある、趣味や己の道に信念を持ち没頭出来るという事だと思います。
いろいろなことに対し、常にロマンを追求する人達は、新鮮な気持ちを忘れません。
これはたしかに壊しようのないものですね。

そうでありたいし、いつまでも持ち続けたいものです。

自分の周りにいる童貞の奴ら、どうしようもない部分がある奴もいますが、全員ロマンを持っています。

俺が童貞の壁の向こう側に帰りたいのもそういうロマンをもう一度みたいからなのかもしれません。

その願望が俺の童貞偏差値を高めているのかもしれません。

童貞偏差値が低くなれば、それだけ人生が無価値な方に向かい、例に出した人みたいに機械的な人間になるのかもしれません。

男は本気になれた時がいつでも青春(某映画のパンフレットのパクり)ですから、いつでも本気になれるようにロマンは常に持ち続けたいですね。

top