Saturday, November 17, 2018

title pic 女性雇用は拡大

Posted by JD on 2014年8月6日

子供がじゃんじゃん生まれているならば、老人が定年退職する数よりも、若者が求職する方が多いので、なかなか職場に空きはない。

空きはないとなると、既得権を握っている男性側が有利になる。
しかし日本は少子化している。 少子化しているならば、大きく景気後退していない限りは、人員を男性だけで充足させるのは難しいので、女性雇用は拡大する。
数として拡大すれば、組織の中での発言権も増すので、出世する確率も高まり、女性管理職や女性経営者が増えれば、さらに女性雇用は拡大する。
だがそうなっていない。
少子化は女性雇用促進のチャンスのはずなのに。 職場の人員を日本人の男性だけで充足できない場合、どこから採用するべきかと言ったら、普通ならば日本人女性を採用する。常識では。 しかし日本の場合は、自国女性よりも優先して雇用している外国人男性の層がある。 旧日本帝国海外領土出身者は、外国人ではなく日本人として扱うことになっている。

top