Tuesday, August 14, 2018

title pic 深く心を傷つけない

Posted by JD on 2014年8月2日

必要以上に怒鳴りあげたり叩いたり心が傷つくほど罵倒したり(邪魔者扱いしたり)してしまうケースは少なからず起こっていると考えられます。

も ちろん、大多数の親は『怪我をさせない・深く心を傷つけない・怒りすぎたらフォローする』といった最低限度の自己制御はできていますから、不倫調査 岡山ごく稀に虐待に 近いような程度の行き過ぎた体罰・暴言があっても、子供の心身の成長を決定的に阻害するほどの虐待、子供を殺害したり障害者にするような暴力までする人は まずいないと思います。
子供との愛着や信頼関係を大きく損ない、大人になってから疎遠にされる(人間的に軽蔑される)原因になるような 『精神的虐待』を行っているような親は少なからずいるかもしれませんが、それは自業自得の因果応報を導き、最終的に子供・孫などが寄り付かずに寂しい人生 の晩年を送ったりすることもあるかもしれませんね。
結局のところ、小さな頃に一回や二回、少し激しく叩いてしまったこと(感情的に混乱して怒鳴ったり手を上げたりしたこと)があったとしても、その後の親子関係で信頼感や好意・安心・尊敬などを強めていけば、いくらでも挽回することは可能でしょう。

top