Saturday, November 17, 2018

title pic 約1時間半だ。

Posted by JD on 2014年7月20日

夕べの楽しい夜の余韻が残る朝を迎え、きょうは盛岡に来た。

雪が降っているが、駅まではすぐそこだ。
秋田新幹線こまちも大部分が新型車両に置き換わっていて、スーパーこまちでなくても新型に乗れる機会が増えた。
3月15日以降はスーパーこまちはなくなって、すべてこまちになる。

秋田から盛岡までは、約1時間半だ。
昼前に到着した。
出口にいとこが出迎えてくれた。

まずは、昼を頂く。
海鮮料理の店に入った。
漁火丼を食べた。
イクラ、うに、ほたて貝柱が乗った丼だ。

その後、盛岡手作り村に行って、南部の国の伝統工芸を見てきた。
岩手県は昔は南部の国と言われ気候風土は厳しいが、砂鉄、木材などが産出され、古くから、鉄器、木製品などが作られていた。
それが、南部鉄器であり、岩谷箪笥である。
当然だが今回それらを買うことはない。

その代わり、岩谷堂羊羹、からめ餅、豆銀豆などを買った。

敷地内には南部曲がり家が移築されていて、内部も見学してきた。

これから、いとこと飲みに出掛ける。

写真は
左 秋田駅に停車中のこまち
中 田沢湖線の車窓風景
右 南部曲がり家

top